嫁とライターと時々、新聞記者

難病の嫁とランサーズでのことを主に、時々、新聞記者の話も綴っていきます

クレーンゲーム 同じ系列店でも取りやすさは違う

クレーンゲーム(UFOキャッチャー)は同じ系列店だからといってどの店舗でもプライズ(景品)の取りやすさや、店員さんのアシスト力が同じだとは限りません。

f:id:happy-train-0102-moon:20170921164450j:plain

 

徹底して取りにくい店舗

ただし、福岡県内のゲームセンターでいえば、

だけは、どの店舗も似たような設定で初期位置戻し、アシストなし、アドバイス力なしなので取りにくいです。

 

モーリーファンタジーは、まったく取れる気がしない設定ですが、楽市楽座では景品が動く分だけ楽しめますし、1発台は本当に1発台なのが好きなところ。

 

モーリーの1発台は、ペラ輪(紙の輪っか)よりアームの爪が大きくて「輪っかに入らない事件」がありました。

 

サンゲームはモーリー、楽市よりは取りやすい台が混じっていますが、筐体の清掃をこまめにしていないので汚いです。

筐体のガラスに顔の脂がこびりついているは不気味。

ボタンが手垢ベッタリなのは、アミューズメント業界以前の問題では。

パチンコ屋さんや楽市は筐体をこまめに清掃していますよ!

 

では、福岡最強の「タイトーマリノア」と同じく商業施設の中に入り、訪日観光客の多い「タイトー キャナルシティー」ではどう違うのでしょうか?

happy-train-0102-moon.hatenablog.com

 

タイトー店舗別比較 

■橋渡し

・マリノア

〇アームの稼働域が広い(攻略の幅が広がる)

〇詰むことが少ない(設定担当者の工夫と優しさが詰め込まれている)

〇苦しい場面でも角掛けで景品が動く

〇アシストやアドバイスが的確

 

キャナル

〇アームの稼働域が狭い(手前が攻められない)

〇スグに詰む(重心の偏りを利用して、はまりやすい置き方をしている)

〇稼働域が狭すぎて角掛けができなくなる、真ん中より少し後ろしか攻められない、縦ハメ不可能な設定なのに、やっと横ハメにして詰んで相談したら、景品を縦に戻されたあげく後ろいっぱいいっぱいなのに手前から落とすなどの意味不明なアドバイスをする

 

■ペラ輪

・マリノア

〇Dリングで浮かせてあるので、初手で押せばかなり動く

〇重心が重い面を上にしているので(押せばクルクル転がりかなり前にくる設定がある)

〇多少、景品が浮くので楽しいし、動くのでやる気が出る

〇押せば動きやすい景品の置き方をしている(長辺を縦にする置き方※長辺が横の場合は押しても動きにくい)

〇第3ボタンがあるので、輪っか掛けができる(または、アームパワーが強いと、輪っかを無視して景品の手前を挟んでかなり前に出せる)

 

キャナル

〇Dリング不使用、ラウワンよりひどいベタ置き

〇アームパワーが弱すぎる(坂の距離を長くして同じ回数かかっても動くようにした方がいいのでは)

〇長辺を横向きにしているので、押して前に出せない(アームが小さいので、知らない人のイレギュラー的な押しでの発見が皆無)

〇第3ボタンがないので、輪っかに入れるしかやり方がない

〇タイムサービス→1回200円が100円があるが、200円パワーがあるわけでもなくサービスとはいえない

 

※ちなみに、キャナルシティーのペラ輪設定の解放台(サービス台)は、確かに通常はサービス台(ノーミス3手)ですが、うまい人がノーミスでゲットしているとスグに下を開けてアームパワーを下げます。

慣れてない人だろうが、輪っかに爪が入れば景品が動いてやる気が出てお金をたくさん使うからでしょうが、営業中にコロコロアームパワー変えてたら、お客さんにバレバレですよ。

 

営業中にアームパワーを下げる

さっきまで景品が動いていたので、またやろうかなと思ってプレイすると、さきほどとは違い景品が動かない、さっきみたいに下降しないことはありませんでしたか?

 

それは、アームパワーを下げたり下降域を下げたりして取りにくい調節をしていますのでスグに止めましょう。

 

店員さんがしゃがんでクレーンゲームの筐体の手のひらサイズの扉を開けて何か触っていたら、アームパワーの調節(0~99※数が多いほどパワーが強い)をやり直しているか、確認をしています。

※信じられないかもしれませんが、ほとんどのゲームセンターで営業中にアームパワーの調節をしています。

 

パチンコ屋さんのスロット設定6を営業中に1に変えれば法的にアウトですが、クレーンゲームではクレーンを動かすのに料金を支払っているので、絶対に取れなくても違法ではありませんが、景品が取れないのなら誰がクレーンゲームをしますか?

 

技術より大事なこと

クレーンゲームは爪の角度などの見た目や、景品の減り具合、フックやヒモで制限している下降などで、散財を減らせます。やらない方がいい台が予測できます。

しかし、導入初日でどうしてもほしいプライズにお金をかけてしまった場合は、あなたが何回プレイ(店員さんなら誰でも分かります)したかによってアシスト具合を変える店ばかりですので、何回プレイしたかを正直に話して相談することをおすすめします。

 

昔みたいに景品をアームが持ち上げての1発ゲットなんてことはまずありません。ですので、ゲットまでの道筋をイメージしながらプレイすることが大事ですが、アシストも視野に入れて店員さんとのコミュ力も大切。

※下記リンク内で景品1つ取るのに掛かる金額の予想値を記事にしています

 

happy-train-0102-moon.hatenablog.com

増え続ける客層を殺すゲームセンター業界

 

クレーンゲームは脳を使うので、ご年配の方のボケ防止予防にいいのだとか。

確かに、年配の方が増えてきたように感じます。

 

先日、60代の夫婦が切子ガラスを橋渡しで狙っていました。

真ん中を掴むの繰り返しですが、重心の位置がよく縦ハメが決まりました。

 

しかし、そこから先の取り方が分かりません。1万円近く使っていたでしょう。

気になったので、カウンターでニヤニヤお話中の店員さんに、

「もうすぐ取れそうだから、やり方教えてあげたらどうですか」と声をかけると、

本当にため息をつきそうな表情で渋々その年配夫婦のところへ。

「うちは接客しませんよ」と言いたかったのでしょう。

 

まさかの適当アドバイスで下角を持ち上げて初期位置に......。

 

隣に並ぶ同じ置き位置になった景品をみて、心が折れる2人。

 

無言で立ち去る店員さん……。

 

奥様の手前、ご主人様に恥をかかせられないので、その場を離れたのを確認して速攻、切子ガラスをゲット。

 

頭からキノコが生えそうなほど、落胆している夫婦にさっきやってた景品、「時間差で落ちて来ましたよ」とウソですが、恥をかかせないタメにそう言ってプレゼントしました。

 

奥様がスゴく喜んでいました。

奥様に「お父さんスゴい‼」

と言われて、複雑な表情のお父さん。

 

「難しいの取れてすごいですね。よくされるのですか?」

 

「たまにきていましたが、もう今日で引退ですよ」と苦笑いのお父さん。