嫁とライターと時々、新聞記者

難病の嫁とランサーズでのことを主に、時々、新聞記者の話も綴っていきます

ランサーズ 修正作業中 風俗嬢様の気持ちになる

いつもご利用ありがとうございます。

けっこうというか、かなり有名な風俗店さんからライティングのご依頼を頂いています。


f:id:happy-train-0102-moon:20170624221522j:image

 

現在、そこからの原稿の修正作業中です。

 

そこでサービスをする嬢とサービスを受けるお客様になりきって、プレイ紹介を書いています。

すいません、オッサンが全力で経験と妄想をフル回転させて書いています( 笑 )

 

しかも、私はチョーどSですが、お客様の立場はどMです。

万人受けする世界ではないので、依頼者様と何度も連絡を取りながら、原稿内容を詰めています。

お互いどS同士ですが、会話はスムーズです。

Sの方は振る舞いは紳士淑女なような気がします。

仕事中では、めちゃめちゃ怖くて、打たれ強くて有名なMさんが泣いて謝ったとか…。

 

「チョーどSの初心者ライター講座」でも開きたいぐらいですよ。

ご希望の方は、ランサーズへメッセージください。

もちろん、無料です。

気の利いた資料も何もありませんし( 笑 )

 

今日は他の3万文字のご依頼で修正無しでしたが、ここは短文でも毎回そうはいきません。

 

微妙な感覚で成り立っている世界を理解して、文字にする…。

これほど難しいライティングは他になかなかないかもしれませんね。

 

このクライアント様と出会えたことで、常日頃から、他人の置かれた環境、立場、状況など理解して考えてなかったのだなと気付かされました。

 

記者やライター職の良いところは、色々な職業に触れて知れることだと思います。

ただし、表面的なことに満足しないで、もっと深く濃く触れて切り口を増やしていかなければなりません。

 

 

www.lancers.jp