嫁とライターと時々、新聞記者

難病の嫁とランサーズでのことを主に、時々、新聞記者の話も綴っていきます

ランサーズを始めて一週間で売上が10万円を超えました

大学卒業後に10年勤めた一般紙を退職して、別の新聞社で5年ほどライター契約を結びお仕事をさせて頂いて今に至っています。

 

家族は9歳年上の姉さん女房との2人です。

この嫁は私には勿体ないぐらいな才色兼備で、若い頃は相当に金銭的、精神的に支えてもらいました。

 

実はこの嫁は、若い頃は100万人に1人の逸材と少し騒がれたとこともある、ある選手でしたが、数年前に100万人に1人の確率で発病する難病を患ってしまいました。

 

進行する大変難しい病気で、今は自力で歩行出来なくなってしまい、日常生活に介助が必要になりました。

薬も2、3時間起きに飲まないといけませんが、自力で薬を飲めない時もあります。

 

若い頃散々好き勝手やってきて、嫁に苦労ばかりかけてきましたが、今度はその苦労を私が引き受ける番です。

嫁にかけた苦労に比べれば、微々たるものにはなりますが…。

 

本職の仕事を抑えて、なるべく嫁との時間を増やそうと思い、WEBライターの経験も100本以上はありましたのでランサーズにライター登録をすることにしました。

(2017/6/2)

書くことが生き甲斐というか、毎日、何かしらの文章を書かないと落ち着かない私には、ランサーズでご依頼を頂いて文章を書かせて頂いた上にお金を頂ける喜びに感謝感謝の日々です。

また、新聞記者としては出会わない人たちとの会話も楽しい日々で、この職業にはこんな苦労や悩みがあったのか、という発見の日々でもあります。

 

そんな嫁とランサーズでの日々、たまには新聞記者としての日常を綴っていけたら幸いです。

ランサーズでは、「happytrain」福岡ライターズクラブという名前で登録させて頂いています。

現役新聞記者が…というタイトルで出品もさせて頂いています。

ジャンルは長文でも短文でも、お医者様や弁護士の先生など免許が必要な記事以外は、ほぼ記事作成が出来ます。

 

こちらからのお仕事の依頼も大歓迎です。

 

 

www.lancers.jp


f:id:happy-train-0102-moon:20170614174921j:image